生物多様性保全・法制度ネットワーク(旧・野生生物保護法制定をめざす全国ネットワーク)
生物多様性保全・法制度ネットワーク
(旧)CBD市民ネット・生物多様性関連法制度部会
(旧)野生生物保護法制定をめざす全国ネットワーク
野生生物保護基本法制定へ向けた活動
分野別活動データ
生物多様性条約
生物多様性基本法
生物多様性国家戦略
種の保存法
鳥獣被害防止特措法
鳥獣保護法 2006
鳥獣保護法 2003〜05
鳥獣保護法 2002
鳥獣保護法 1999〜
外来・移入種関連法
遺伝子組換生物法
自然再生法
動物愛護管理法
個別問題
資料
リンク

 

HOME > (旧)野生生物ネット > 共通目標
(旧)野生生物保護法制定をめざす全国ネットワーク 共通目標

☆野生生物保護法制の確立へ

 当ネットワークでは、鳥獣保護法の抜本的改正を含む野生生物保護法制の体系的確立をめざして、活動の「共通目標」を立てています。実効力のある野生生物保護法の実現に向けて、これからも全国規模でより一層の幅広い市民の関心と参加を展開していくために、ぜひ皆様の参加とご支援をお願いいたします。

1.野生生物保護の推進を図る基本法の成立

・ 生物多様性国家戦略の目標の実現をめざす
・ 個別法の改正・制定を促す (種の保存法、鳥獣保護法)
・ 国全体の野生生物の種と生息地保全の計画制度へ)
・ 個々の現場で問題を解決するしくみを盛り込む
・ 政策決定に対する情報公開と市民参加の促進を図る

2.鳥獣保護法の大幅改正(2004年国会目標)

・すべての哺乳類と鳥類を対象種に(海生哺乳類を含む)
・絶滅のおそれのある種・地域個体群は種の保存法へ
・捕獲禁止だけの保護から生息地保全による保護へ
・個体数管理だけの特定鳥獣保護管理計画から野生生物と共存できる地域計画へ
・狩猟は管理猟区の中でのみ実施(全国原則禁猟へ)
・被害防除対策の充実と公的機関による有害鳥獣捕獲へ
・狩猟個体・駆除個体の商業利用・実験利用の禁止
・くくりわな・とらばさみ等、無差別・残虐な猟具の禁止
・野鳥の愛玩飼養の禁止、輸入規制の強化
・野生生物の専門家の配置と市民参加による鳥獣保護員の充実

3.種の保存法の改正

・対象生物の指定の拡大(科学委員会の設置)
・レッドデータブックを法的に位置付ける
・絶滅危惧種一つ一つに専門家を配置する体制を
・生息地保全による回復を目標とした保護へ
・生息地保全に係る民間活動の支援へ
・ワシントン条約付属書Iの種は国内でも取引禁止に(クマの胆)

4. 外来種対策法成立(2004国会)

― 成果と残された課題 ―
「特定外来生物法による生態系に係る被害の防止に関する法律」は
2004年5月に制定され、2005年6月に施行されました。
法制定に向けての共通目標の幾つかは達成されました。

(成果)
・侵略的外来種(問題外来種)を識別し法的位置づけのあるリストを作る
・輸入業者の登録制、違法輸入の罰則を強化する
・個体の登録制、野外放逐の罰則を強化する

(課題)
・予防原則に則した種の指定と実行性の確保
・水際での防除(検疫、税関での検査)を強化する
・外来種問題に関する普及啓発
・長期的には、原則禁止(ホワイトリスト)形式への転換
・影響を受けやすい地域へのさらなる早急な対策

5. 動物愛護管理法の改正(2005年国会)

― 成果と残された課題 ― 
「動物の愛護及び管理に関する法律」は、
2005年6月に改正され、2006年6月に施行されました。
法改正に向けての共通目標の一部は達成されました。

(成果)
・動物の輸入、販売に関わる動物取扱業者の営業が登録制に(登録の拒否)
・動物のインターネット通販(仲介・代理)も登録制に
・飼育下の危険動物の個体登録制
・違法行為を行った動物取扱業者を営業停止に(登録の取り消し)
・無脊椎動物まで危険動物の範囲を拡大
(課題)
・密輸、密売など他法令で違反した動物取扱業の営業停止
・遺棄の禁止動物の拡大及びすべての動物について遺棄しないように普及啓発


戻る

▲ページのトップへ